スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃花源記 訳

桃花源記   作:陶 淵明

【口語訳】
 晉の太元年間のこと、武陵の人で、魚取りを仕事としている者がいた。(あるとき)谷川に沿って(舟を進めて)行くうちに、どれほどの距離を来たのかわからなくなってしまった。(すると)突然、桃の花の咲く林に出くわした。(桃の林は)岸を挟んで数百歩の間(続いており)、その中にほかの種類の木はない。香しい草が色鮮やかに生い茂り、落花がしきりに乱れ散っている。漁夫はとても不思議に思った。さらに先に進んで、その林を究め尽くそうとした。林が尽きたところに水源があり、すぐそこに一つの山があった。山には小さな洞窟があり、中からぼんやりと光がさしてきているようである。漁夫はそのまま船を捨て、洞窟の入り口から中へ入った。

 洞窟ははじめのうちはとても狭く、ようやく人が通れるだけであった。さらに数十歩進むと、からりと明るく目の前が開けた。土地は平らで広く、家々が整然と並んでいる。よい田畑と美しい池があり、桑や竹の類の植物が生えている。(田畑の間には)東西南北に道が通じており、鶏や犬の鳴き声が聞こえる。その中を人々が往来し、種をまいたり耕作したりしている。男女の衣服は、皆外部の人と同じである。黄ばんだ髪の老人も、髪を束ねて後ろに垂らした幼児も、のんびりとしていて楽しそうである。

 村人は漁夫を見ると、大変驚きどこから来たのかを尋ねた。漁夫は詳らかに(すべて)答えた。(すると村人は)そのまま是非にと迎えて(漁夫を)家に連れて帰り、酒を用意し鶏を殺し、食事も作ってもてなしてくれた。村中の人たちはこんな人が村に来ていると聞いて、皆やってきて尋ねる。(その家の主が)自分から言うことには、「私の先祖は、秦の時代の戦乱を避け、妻子や村人を引き連れて、この世間から隔絶した土地にやってきたのですが、それから二度と外に出ませんでした。そのまま、外部の人と隔たってしまったのです」と。そして漁夫に尋ねた。「今はどういう時代なのでしょうか?」と。驚くことに、彼らは漢の時代があったことを知らず、無論のことながら魏や晉も知らないのであった。この漁夫は村人たちのためにいちいち事細かに、自分の聞き知っていることを話してやった。村人たちは皆、びっくりして溜息をついている。ほかの村人も、それぞれにまた自分の家に漁夫を招いて連れて行き、みんな酒食を出してもてなした。漁夫は数日間村に滞在してから、別れを告げることにした。別れの際に、村人の一人が漁夫にこう言った。「外部の人にお話になるほどのことではありませんよ」と。

 まもなく(漁夫はこの村を)出て、自分の船を見つけ、そのまま元来た道に沿って帰り、(帰る途中)あちらこちらに目印をつけておいた。郡の役所が置かれている町につくと、郡の長官のところへ行き、かくかくしかじかでしたと自分の体験したことを話した。長官はすぐに部下を派遣して、漁夫の行くのについて行かせ、先に印をつけたところを捜させたが、そのまま迷ってしまって二度とその道を捜し出すことはできなかった。南陽の人、劉子驥は、俗世を超越した(人格の高潔な)人であった。(彼は、)この話を聞いてとても喜び、その地に行くことを計画した。しかし、志を果たさぬまま、まもなく病死した。その後、桃源郷への道を捜し出そうとする人はいないままである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

神なのか、このお方は。

No title

あざーす

助かりました♪

No title

サンキュ~ヌッシ

No title

一番前の席に座っている者としてこれは神のおぼし召しですね。ありがたや~笑

助かりました☆
ぷろふぃ~る

Illyas

Author:Illyas
他愛もないことをダラダラ書き連ねていきます
(´∀`*)
学校のノート代わりになるときが多いかなぁ

最近マイクラは放置気味。
バージョン上がっても、昔作った世界から抜けられない。


願わくは 桜の下に あらまほし 我が後世願ふ 心ぞあらば



0075A9

最新記事
今月のゲームの紹介
ニコ動~
かうんた~
めにゅ~
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。