スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Make Your Ascent 3の訳文

もともと本来の1000倍という危機的なスピードで地球上の種は絶滅している。
ある科学者たちは、1)毎日137種もの生物が地球上から消え、それは年間で合計5万種にも上ると推定している。
熱帯雨林には、地球上の少なくとも半数の種がいる。パナマでは、科学者が一般に世界で知られているカブトムシの80%もの種類をたった19本の木で発見した。熱帯雨林の信じがたい多様性は、たいていの種が彼らの環境の中において、とても特殊化した場所で暮らすために進化してきたことを意味する。人間がこの環境を破壊したとき、多くの種類が生き残ることができない。
4)生物は、複雑に絡み合った生態系の中でお互いに依存しあっているので、たった一か所でもこれが変わってしまうと生態系全体が危機にさらされる。人間が熱帯雨林を破壊したり重大な変化をもたらすととある種が絶滅する。そして、その種が絶滅すると、別の種が絶滅し結果的にそれ以上の生態系の崩壊へとつながる。3)我々が崩壊を止める努力をしなければ、この熱帯雨林の生態系の崩壊は、25年以内に世界の種の10%の消滅につながっていくであろう。
種の絶滅は進化においてはごく普通のことである。それではどうして、私たちが絶滅のスピードを助長しているのだろうか?人類は、自身の生存のために熱帯雨林の数百万もの生命体に依存している。我々もまた、この繊細なバランスの依存関係の一部なのである。
どうして生物種はこんなにも危機的な割合で消えていっているのだろうか?生息地の破壊が原因として位置している-とりわけ、かつて熱帯雨林が存在したところでの2)伐採、採鉱、ダムや高速道路の建設である。生態系が縮小するにつれて、さらに多くの種が彼らが生き残っていくのに必要な資源を失う。
外来種はまた、在来種を一掃していく。外来種によって脅かされている魚や鳥のほぼ20%が絶滅危惧種として知られている。5)人間が外来種を生態系の中に持ち込んだとき、外来種はもともとそこを占めていた種にとって代わるであろう。外来種はまた、間接的に在来種を追い出すのに十分なほどに生態系を変化させ、また、在来種が免疫を持っていない病気を持ち込むであろう。とりわけ種が他のものと適応することなく孤立して進化を遂げてきているような島においては、原生物は新しく来た者たちに適応して生き残っていくことはできないであろう。



2<<          注意書き          >>4
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ぷろふぃ~る

Illyas

Author:Illyas
他愛もないことをダラダラ書き連ねていきます
(´∀`*)
学校のノート代わりになるときが多いかなぁ

最近マイクラは放置気味。
バージョン上がっても、昔作った世界から抜けられない。


願わくは 桜の下に あらまほし 我が後世願ふ 心ぞあらば



0075A9

最新記事
今月のゲームの紹介
ニコ動~
かうんた~
めにゅ~
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。