スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Make Your Ascent 14の訳文

以前は1)多くの人々が、赤ちゃんは、例えば食事の必要性といった、自分の肉体的な必要性の面倒を見てくれる人々にのみ愛着や絆を築くと信じていた。このことは、母親が外へ働きに行くべきかといったような、いくつかの議論へと繋がっていった。これらの議論の結果として、心理学者は赤ちゃんのその関係の発達に関するとても細かな研究を始め、また、これは単純ではないということが分かった。一例を挙げると、多くの赤ちゃんは、複数の人間に対して特別な愛着を持つようになり、時には、比較的短い時間しか毎日面倒を見ない人とも特別な関係を発達させる。1964年に行った、ShafferとEmersonによる先駆的な実験では、二人が調査した多くの赤ちゃんは、一日中働いている自分の父親に対しても、家にずっといる母親と同様に特別な愛着も持つ、ということが分かった。しかしながら、別のある赤ちゃんは、父親に対しては一切の愛着を持たなかった。さらに加えて、また別の赤ちゃんは、ほとんどの時間一緒にいる母親とではなく、父親とのみ愛着を築いた。
この違いは一体どこから生まれるのだろうか?上記の実験から、親子間における社会的なふれあいの質こそが、赤ちゃんの反応に影響を与えているのだということが分かった。赤ちゃんは、とりわけ彼らが発する信号-微笑んだり、その他の顔の表情や動きなど-に敏感だったり、遊びを通して自分たちと進んで交流をしようとする親(または他人)を好むようになる。3),4),6)赤ちゃんは決して肉体的な面倒を見てくれる人々に対して、愛着を持つわけではないのだ-5)人々が自分たちに話しかけたり遊んだりしない限りは。
たとえ親がとても早くから自分の赤ちゃんに愛着を持つようになったとしても、赤ちゃんが自身に対して愛着を持つようになるのは時間がかかる。7)赤ちゃんはしばしばある人物と一緒にいることを好むけれども、生後数か月の間は、もしその特別な人物がそばにいなくとも、めったに動揺することはないのだ。心理学者は、十分な愛着はおよそ生後七か月で現れるということを発見した。
この愛着が、(たとえそれが意図的に傷つけられなければ)一生を通しての親子間の愛情関係の基礎を形成する。また、結果として、その愛着は親と赤ちゃんの間のふれあいの質に基づいていくのだ。あなたに対して敏感に反応してくれる人々とふれ合い、そしてその人々と関係を形成するためのごく自然の能力は、世界中の人間の子供たちの中にありふれているのだ。このことが、まったく文字通りに、人類としての私たちの遺産の一部なのである。



13<<          注意書き
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぷろふぃ~る

Illyas

Author:Illyas
他愛もないことをダラダラ書き連ねていきます
(´∀`*)
学校のノート代わりになるときが多いかなぁ

最近マイクラは放置気味。
バージョン上がっても、昔作った世界から抜けられない。


願わくは 桜の下に あらまほし 我が後世願ふ 心ぞあらば



0075A9

最新記事
今月のゲームの紹介
ニコ動~
かうんた~
めにゅ~
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。