スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Make Your Ascent 22の訳文

ギリシア人による最も偉大な科学的貢献は、彼らが用いたその方法だろう。およそ紀元前800年ごろから、ギリシア人は、どのように自然が働くかを表した一般的な原理を探し求めてきた。それ以前の識者とは対照的に、ギリシア人は自然の過程の理解に対して、人間の理性をあてはめてきた。
ギリシア人は、自分たちが、正しいと証明できた事柄に基づいた理論を発展させた。それまでの偉大な文化とは異なって、ギリシア人は科学というものを宗教や神話といったものから切り離したのだ。結果として、彼らの天文学の研究は、それよりも前に知られていた知識のはるか先をいく成果をもたらした。例えば、紀元前5世紀において、ギリシアの哲学者であるPhilolausは、地球は回転していて、そして地球は宇宙の中心ではないということを示唆した。また、紀元前4世紀において、ギリシアの天文学者であるHeracleidesは、少なくともいくつかの惑星は太陽の周りを公転していると主張した。
ギリシア人は、数学を計算や測量といった、実用的な手段以上のものとして最初考えた人々でもあった。800年以上もの間、ギリシア人は、現代の数学の基礎となっている、幾何や代数の考え方を発展させた。
もちろん、実用的な応用に対してもギリシア人は興味を示した。浮力の原理の説明は、Archimedes(B.C.287?~212)の数多くの発見のうちの一つだ。もしかしたら、最も偉大なギリシアの科学者は、多大なる実用的な貢献をしたAristotle(B.C.384~322)かもしれない。彼は、我々が論理と呼んでいる思考体系を作り上げただけでなく、生命科学の父としても認められている。Aristotleは、500種以上もの動物を調査・分類し、そして彼の弟子であったTheophrastusも、同程度の種類の植物を用いて同じことをした。
ギリシア人のその実用的な方法は、医療科学の分野においても進歩につながった。紀元前5世紀の医師であるHippocratesは、病気は超自然的な力によってもたらされるものであるという考えを否定したことによって、医療の父と呼ばれている。ギリシアの医師は、紀元前500年ごろには、人体が本当はどのように機能しているのかを学ぶために、人間の体を解剖しはじめていた。
しかしながら、紀元前100年までにはギリシアは衰退し、そしてローマが地中海世界の中で一番繁栄を遂げていた。ローマ人は、とりわけ工学や建築の分野における、ギリシアの知識のたくさんの使い道を見つけ出した。ローマ帝国の勢力が広がるにつれて、ギリシア学問も同じように広がっていった。ところが、5世紀後半の帝国の崩壊にともなって、1000年以上にもわたって続けられてきた、ヨーロッパでの研究は終焉を迎えた。そして、暗黒時代が幕を開けた。




21<<
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぷろふぃ~る

Illyas

Author:Illyas
他愛もないことをダラダラ書き連ねていきます
(´∀`*)
学校のノート代わりになるときが多いかなぁ

最近マイクラは放置気味。
バージョン上がっても、昔作った世界から抜けられない。


願わくは 桜の下に あらまほし 我が後世願ふ 心ぞあらば



0075A9

最新記事
今月のゲームの紹介
ニコ動~
かうんた~
めにゅ~
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。