スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Make Your Ascent 23の訳文

エンドラには2つの食料品店がある。僕、ギルバート=グレープが働いているラムソン食料品店は、町の広場のど真ん中にある。そして、町の端には、他のひとみんながかいものをするフードコートがあった。
この町の人々のためにたくさんの缶詰や袋、食料品を仕入れている間に、僕は実際、夢想家なんだけど、思想家になるとくがある。
何年もやってきて、僕の技術はとても自動的に、自然になって、僕は自分が何をしているかを考える必要がなくなっていた。いやむしろ、僕の考えは行きたい所をさまよっている。精神的には、肉体的に現れているのといつも同じ所にいるわけじゃない。僕は、Merle Hay MallのDes Moinesにいたり、砂漠を車で横断したり、Omahaの屋上に立って、竜巻が地面を割くように来るのを待っていたりする。つまり、こうなんだ。僕は考えのなかでは、滅多にこの町のこの店にいないんだよ。
ラムソンさんが後ろに来たとき、僕は朝食用のシリアルに値付けをしていた。「素晴らしい驚きは、私たち皆を待っているんだ、ギルバート」
びっくりして、僕はもう少しで持っていたWheatiesを落とすところだった。僕は辛うじて、「え?何?」と言った。
「驚いただろ?」
「ええ、旦那」
何年間も、ラムソンさんは僕を驚かすことに喜びを見いだしていた。カウンターの下や、ドッグフードの後ろに隠れたり、一度なんか、彼は「バー」と叫ぶことができるように、僕が開けるのを待っていて、冷凍庫の中でもう少しで凍死するところだった。僕がようやく扉を開けたとき、彼の眉毛は凍り始め、唇は青色になっていた。
「素晴らしい驚きだ、待ってましたよ」僕は小声でささやいた。
ラムソンさんは僕の口が動くのを見ていた。
「何だい?それは」
「何でもないですよ、旦那」
小さな事務室のデスクで、数えるべきお金を待っているラムソン夫人が叫んだ。「お父さん、フードランドで何か特別なことでもやってるのかい?」
「私は、知らないよ。ギルバート、フードランドで何かやってるのかい?」
「ああ、僕は知りませんよ。あそこで買い物なんてしたこともないですし、これからもありません。そんなことするなら、死んだ方がましです」
「本気で言ってないだろ」
「だんな」僕は言った。「残念ですが、行きましたよ。でも僕は食料品を買いに店に行くんです。何をしているか見てくるためになんて行きませんよ」
「彼らは何かしているに違いないわ」ラムソン夫人は、僕の言葉の上から、その事を気にする様子もなく口を挟んできた。「だって、誰もココにいないんですもの」
僕は、Tuckerが先日僕に話したことを、彼らに告げることができなかった。鋏をテープで閉じられたロブスターが入れられた、水族館のような水槽を、フードランドに取り付けたようなのだった。人々はその周りに群がっている。そして子供たちは、その生物たちにしかめっ面などしているのだ。僕が思うに、自分達が中に閉じ込められている生物ではないことを喜んで。


(訳:しゅーじ)



22<<          >>24
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぷろふぃ~る

Illyas

Author:Illyas
他愛もないことをダラダラ書き連ねていきます
(´∀`*)
学校のノート代わりになるときが多いかなぁ

最近マイクラは放置気味。
バージョン上がっても、昔作った世界から抜けられない。


願わくは 桜の下に あらまほし 我が後世願ふ 心ぞあらば



0075A9

最新記事
今月のゲームの紹介
ニコ動~
かうんた~
めにゅ~
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。